大日本物産図会

三代歌川広重(一立斎広重) 画/橋爪節也 解題/曽田めぐみ 画讃翻刻

価格:160,000円(税別)

在庫:在庫あり

自社開発商品

発行年月:2013

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:書籍(復刻版)

判型/サイズ:335×256mm

装丁:折帖仕立て

頁数:118図

冊数:全2巻 付:「大日本物産双六」・解題(画讃翻刻を含む)1 冊

内容

明治10年(1877)に開かれた第1回内国勧業博覧会に出品・販売された揃い物の錦絵。日本諸国の名産品とその生産工程をテーマに、三代歌川(一立斎)廣重が絵筆をとり、東京・日本橋の錦絵問屋・大倉孫兵衛から刊行された。北は千島から南は鹿児島にいたる58の国を、風景・人物を配して活き活きと描き出している。
現存する諸本はいずれも製本形式や図版順序が異なっており、図版の総数も120から150まで諸説存在する。
今回の復刻には、ケンショク「食」の資料室所蔵の複数のセットのうちから、保存状態、初刷り、後刷りを吟味して底本とし、現在までに確認された全118図を原寸大で完全収録している。
文明開化期日本の社会風俗を、今に伝えるだけでなく、当時の産業構造と地方経済史を知るための、すぐれた記録文献であり、日本近代史、産業史、郷土史、風俗史、美術史の研究に必須である。

特記事項

その他書誌事項:原本所蔵:ケンショク「食」資料室
フルカラー

タグ:, , ,

シリーズ: