大隈文書

価格:1,896,000円(税別)

※分売可

自社開発商品

※ご購入の際に原本所蔵元宛の「頒布依頼書」をご提出いただきます(書式は当社で準備しております)。

発行年月:1970

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:マイクロフィルム

冊数:186リール

内容

大隈重信(1838-1922)は、明治維新政府の要職にあったが、明治41(1881)年の政変で下野し、立憲改進党を組織するとともに東京専門学校(早稲田大学)を創立、その後外相を歴任しながら、進歩党・憲政党などを結成、明治31(1898)年には史上初の政党内閣を組閣し、大正3(1914)年にも第二次大隈内閣を組織した。卓越した見識と強靱な意志で、藩閥に抵抗しながら議会主義をつらぬいた明治の政治家である。その波乱をきわめた80余年の政治生活の諸相を大隈自身の手で完全に保存していたもので、明治史の基本史料である。

特記事項

その他書誌事項:原  本:早稲田大学図書館所蔵 文書5,200点 書翰8,200通
フィルム:35ミリ ポジティヴ ロール 186リール
目録索引:早稲田大学編集
別にリール別索引「大隈文書目録」 B5判296頁、「同補遺」 B5判 48頁 別にリール別索引

媒体別特記事項

マイクロフィルム形態:35mmロールフィルム
フィルムネガポジ種別:ポジフィルム
付属物:目録索引:早稲田大学編集 別にリール別索引「大隈文書目録」 B5判296頁、「同補遺」 B5判 48頁 別にリール別索引

タグ:,

シリーズ: