明治年間 府県統計書集成

価格:6,048,000円(税別)

※分売可

自社開発商品

発行年月:1964

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:マイクロフィルム

冊数:504リール

内容

「府県統計書」とは、各府県が明治6~7年頃から毎年発行した、それぞれの管轄区域の諸種全般の統計を網羅したものである。「何々県一覧表」「何々県治一覧表」と称する簡単な一枚刷りの統計表に始まり、明治16年内務省の「統計様式」によって「何々県統計書」と呼ばれるようになり、さらに改称されて今日では「何々県統計年鑑」となる。明治年間には、統計寮編「使府藩県概表」、内務省編「地誌撮要」「郡村異同一覧」「地方要覧」「府県統計様式」を参考文献として収録している。
※本資料の内容はすべてオンライン版『都道府県統計書データベース(PSO)』(プラットフォーム:ジャパン デジタル アーカイブズ センター)に含まれます。

特記事項

その他書誌事項:原  本:約2,050冊
フィルム:35ミリ ポジティヴ ロール 504リール
解説目録: 山口和雄博士解説 A5判 64頁

媒体別特記事項

マイクロフィルム形態:35mmロールフィルム
フィルムネガポジ種別:ポジフィルム
付属物:解説目録: 山口和雄博士解説 A5判 64頁

シリーズ・各巻情報

シリーズ名:府県統計書集成

タグ:,

シリーズ: