古代伝来よろず薬テリアカ
「テリアカ(解毒薬方)」パリ写本 復刻版 総革装 注釈巻付
Kitâb al-Diryâq: Thériaque de Paris.: Bibliothèque Nationale de France, Paris. Ms. Arabe 2964. (Iran?, 1198)

価格:566,200円(税別)

在庫:お問い合わせ

999部限定

発行年月:2008

媒体:書籍(ファクシミリ版)

内容

1198年の制作日付のあるムハンマド・イブン・アビ・アル=ファスの作品で、現在フランス国立図書館に所蔵され、パリのテリアカとも呼ばれる、現存する5写本の(その他に、ベイルート写本、カイロ写本、サンクトペテルブルク写本、ウィーン写本がある)うち、最も古く、印象的なテリアカ写本の限定復刻版です。ガレノスやアンドロマコス等の古代ギリシャ伝統を受け継ぐローマ帝国時代の医学者による処方を含む薬草の細密画が描かれ、何世紀もの期間を経て、薬効成分の数は100を超えるまで漸進的に増加しています。もともとグレコ=ローマンの古代に毒蛇や野生生物(古希:テリオン)の咬傷の治療のために使われた混合薬は、後に万能薬として広く使われ、中世イスラーム世界においてテリアカは人気を博し独特な発展を遂げたのです。

特記事項

その他書誌事項:Folio (37 x 28 cm). 36 ff. embelished with miniatures and traditional Arabic motifs, bound in full leather, gilt edges. In a silk slipcase, with a commentary volume in English/French/Arabic (or Italian/German/Spanish) Facsimile Edition. Limited to 999 copies.