ボドリアン図書館蔵 復刻版
コバーン「ロンドン」「ニューヨーク」2巻組
Coburn, Alvin L. – London & New York.: Bodleian Library, Oxford. G.A. Lond. b.12/Rec. b.39 (London, 1909-1910)

価格:84,925円(税別)

在庫:お問い合わせ

500部限定

発行年月:2019

出版社名:The Folio Society

出版国/出版地:United Kingdom (イギリス) /London

言語:English (英語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

内容

 ボストン生まれのアルヴィン・L・コバーンは、職人肌の完全主義者で、早熟の天才として多様な印刷法をマスターして、1903年にはニューヨーク、1906年にはロンドンの英国王立写真協会で個展を開きました。当時24歳のコバーンは、ジョージ・バーナード・ショウにより「世界で最も偉大な写真家」と讃えられ、スティーグリッツやシュタイケンと共にピクトリアリスムの先導者となりました。写真グラヴィア処理をマスターしてすぐ制作したのが、二つの代表作となるロンドン(1909)とニューヨーク(1910)です。
 カナレットやターナーに比類されるコバーンのロンドンは、巨大な帝国都市、海洋交易のハブでした。河川や橋、屋根、その雰囲気を捉えた写真の中、タワーブリッジは、当時のロンドンブリッジの真ん中から約半マイル程の距離で撮影したとされています。コバーンのロンドンにかける愛情の一方、ニューヨークは他にないほど鋭く印象的なものになりました。建設中の都市であるニューヨークの蒸気や煙に囲まれたメトロポリタン・タワー、シンガー・ビルディングやフラット・アイロンの様な初期の高層ビルにおいては、絵画主義はモダニズムと抽象主義に道を譲っている様に見られます。

特記事項

その他書誌事項:Short folio (42 x 30 cm). 2 vols. 68; 56 pp., 40 images in total printed on Tatami paper and hand-tipped onto heavyweight grey Materica paper, text printed on Canaletto Grana Grossa paper, quarter-bound in goatskin leather. Housed in handmade slipcase together with a commentary leaflet. Facsimile edition. Limited to 500 copies.

タグ:, ,

シリーズ: