踏み絵: 外国人による踏み絵の記録
東西交流叢書 第7巻

島田孝右 著/島田ゆり子 著

価格:6,000円(税別)

Maruzen e Book Libraryで購入可

在庫:オンデマンド版(受注生産のため1か月程度お時間を頂きます)

自社開発商品

KWでご注文

※こちらの商品は
Knowledge Worker
にてお買い求め下さい

発行年月:1994

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:書籍

判型/サイズ:A5判

装丁:上製

頁数:174p.

ISBN:9784841931297

Cコード:0321

内容

江戸初期に始められた踏み絵は、やがて制度化され、19世紀中頃まで続けられた。外国人による踏み絵の記録は、古くはモンタヌス「日本誌」やチェンバレン「日本事物誌」を始めとして数多く残されている。著者は、日英交渉史の研究を通して「踏み絵」の記述の多さに気付き、彼らがこの儀式をどのように受け止め、伝えたのかに興味を抱いた。本書は、主にイギリス人、オランダ人らが書き遺した17~19世紀の「踏み絵」の記録を収集し、考察する。(ヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞)

シリーズ・各巻情報

シリーズ名:東西交流叢書
シリーズ全巻数:既刊13巻
巻号 第7巻

タグ:,

シリーズ: