歌舞伎 第1期

価格:210,000円(税別)

在庫:在庫あり

自社開発商品

発行年月:2010/02

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:書籍(復刻版)

判型/サイズ:菊判

装丁:上製

巻数:第1-43号(明治33年-36年)

冊数:全7巻

ISBN:9784841905380

Cコード:3091

内容

歌舞伎のみならず、ひろく演劇全般にわたり、劇界の指導的役割をつとめた雑誌。森鷗外の弟篤次郎、筆名三木竹二が創刊・編集。明治41年1月の三木竹二没後、伊原青々園に引き継がれた。
文学者の手になる我が国最初の演劇雑誌で、編集には森鷗外が積極的に協力した。歌舞伎にとどまらず新演劇や外国劇の動向に関心を示し、また海外の演劇情報を発信。
俳優の回顧談や古名優の伝記、江戸時代の演劇書の翻刻など、貴重資料を残す。
なかでも歌舞伎の型の記録に力を注ぎ、古典劇演出の伝統保持に大きな功績があった。
新作の舞台に対して俳優の談話や識者の批評を掲載して評論。写真製版技術の発達とともに舞台写真や海外の舞台なども多く掲載し、画報的性格をもって今日に貴重な資料となった。
泰西戯曲の翻訳や、新人の創作戯曲にも発表の場を提供した。

特記事項

その他書誌事項:第7期に解説・総目次・執筆者索引が含まれる。
解説・総目次・執筆者索引のみの分売可。

シリーズ・各巻情報

シリーズ名:歌舞伎
シリーズ全巻数:全50巻
巻号 第1期

タグ:, , ,

シリーズ: