長崎オランダ商館日記 第6巻: ドゥフの公務日記(1814~1817年)

日蘭学会 編/日蘭交渉史研究会 訳注

価格:8,000円(税別)

在庫:在庫僅少

自社開発商品

KWでご注文

※こちらの商品は
Knowledge Worker
にてお買い求め下さい

発行年月:1995

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:書籍

判型/サイズ:A5判

装丁:上製

頁数:382p.

ISBN:9784841901412

Cコード:0021

内容

1814年の江戸参府を無事に済ませたドゥフ。しかしその後の平穏な日々を破って、名村多吉郎・本木庄左衛門の二人の大通詞の解任事件が起きる。彼らは規制の緩やかな脇荷を利用して不正を働き、それが幕府に発覚したのである。そしてオランダ側にも疑惑の目が…。1817年、遂に待望のオランダ船が来航し、新商館長ブロムホフが着任する。これにてドゥフの長く波乱に満ちた長崎滞在も幕を閉じた。

特記事項

編著者特記事項:日蘭交渉史研究会(代表 岩生成一・小葉田淳)荒野泰典、大鳥蘭三郎、金井圓、庄司三男、中村孝志、長岡新治郎、永積洋子、沼田次郎、尾藤正英、松井洋子、森岡美子、横山伊徳訳注

シリーズ・各巻情報

シリーズ名:長崎オランダ商館日記
シリーズ全巻数:全10巻
巻号 第6巻

タグ:

シリーズ: