about wabp

ワールド・アンティーク・ブック・プラザとは?

丸善・日本橋店を3階まで上がると、ギャラリー、洋書・専門書売り場の奥に、洋古書のお店——
世界各国から20以上の著名なアンティーク・ブックショップが集まり、1,000冊以上のアンティーク・ブックを常備してご来店をお待ちしています。500年以上に渡る西洋印刷の歴史の中で制作され、今に受け継がれてきた本の中から、定期に出展メンバーからの新着品や特集テーマに添って展示替えを行い、何度お越しいただいても飽きさせません。欧米各地の市に赴いて探し当てる楽しみと同様に、常設営業のプラザの奥卓で腰を落ちつけて一点一点装丁や刷りや状態の異なるアンティーク・ブックを手にとって選び、じっくりと収集する喜びを味わっていただけます。丸善雄松堂の長年の洋古書取引の信頼関係から実現した、多数の名古書店から成るブック・プラザです。丸善CHIグループのリアル店舗でしかあり得ない書店の魅力をぜひご堪能ください。

The World Antiquarian Book Plaza, a rare book emporium located a few minutes’ walk from Tokyo Station, is not your ordinary bookstore. The creation of Mitsuo Nitta (founder of the prominent Japanese bookstore Yushodo) and Antiquariat Michael Steinbach, the Plaza is home to over 1000 items displayed by over 20 booksellers from around the world, including foreign books, illuminated manuscripts, miniature books, Roman coins, incunabula, first editions, Japanese crepe-paper books, and so on. The Plaza is also a particularly popular destination for map collectors, with many rare and valuable examples for sale. With all the elegance, intrigue and inventory of a small museum or art gallery, the Plaza has the added bonus of being a place where visitors can purchase the important pieces of history on display.