サイトマップお問い合わせ

HOME > 本のある時間 > 新田満夫の業界通信

nitta

新田満夫は2015年10月27日に逝去いたしました。この連載もVol. 103をもって終了し、バックナンバーはアーカイブとして掲載致します。過去20年にわたる業界展望として、また故人をしのぶよすがとして頂ければ幸いです。長年ご愛読賜り、ありがとうございました。

 

新田満夫の業界通信

ILAB (国際古書籍商連盟)は2年おきに開く(昨年は大会としてオーストラリアのメルボルンで開かれた)総会と同 […]

1990年秋、東京は世界古書業界にとっての総決算、後になって違った見方をすれば、1980年頃からのバブル型業界 […]

4月、5月の2カ月だけでも私の周りにいくつかの出来事がありました。大きく変化している昨今の情勢の中で、“人と人 […]

ABAJ(日本古書籍商協会)創立40周年記念 記念古書展とライブラリートークを振り返って 私は丁度40年前、ア […]

現在、私が会長をお引き受けしているABAJ(日本古書籍商協会)は、古書業界の国連に似た国際組織であるILAB( […]

師走に入りました。書籍の業界も“不況だ不況だ”との声がそこかしこで聞こえた一年でしたが、世界のあちらこちらで“ […]

ABAJ(Antiquarian Booksellers Association of Japan)は、196 […]

IPAの大会は4年に一度開かれます。前回は2000年にアルゼンチンのブエノス・アイレスで開かれましたが、今回は […]

私共雄松堂書店と関連のグループ各社は創業70周年を越す老舗かもしれませんが、無店舗型の中小企業ですから、海外と […]

雄松堂グループの業務は、基本的には海外から主として人文社会科学分野の学術専門書や情報を輸入し、その内容を精査し […]