サイトマップお問い合わせ

HOME > 本のある時間 > 新田満夫の業界通信

nitta

新田満夫は2015年10月27日に逝去いたしました。この連載もVol. 103をもって終了し、バックナンバーはアーカイブとして掲載致します。過去20年にわたる業界展望として、また故人をしのぶよすがとして頂ければ幸いです。長年ご愛読賜り、ありがとうございました。

 

新田満夫の業界通信

偉大なビブリオフィルお二人を偲んで この春桜の咲く頃、私ども本を愛する者にとっては、かけがえのない偉大なビブリ […]

中国古書市場へのチャレンジ 最近、中国の大学図書館を訪ねたアメリカの著名な図書館人から、北京や上海の有名な図書 […]

今回は2007年に話題になりそうなテーマについて情報を提供させていただきます。 古書の価値の変化 最初に、世界 […]

国際書誌学関係文献賞について ILAB(International League of Antiquarian […]

二つの国際会議に参加して IFLA(国際図書館連盟)ソウル大会 雄松堂ブース 8月、9月、私は本に関する二つの […]

コレクターと洋古書店の展望 古書業界の空模様   — 荒俣 氏 — 古書業界 […]

コレクターと洋古書店の展望 これからのコレクター、これからの本屋   — 新田 &#82 […]

荒俣宏さんとの対談 20世紀もいよいよ幕を閉じようとしていた1999年(6年も前のことですが)、私は、あるメデ […]

古書にまつわる思い出話 この欄では、昨年まで2ヶ月に一度、種々な報告や意見を書かせていただき、皆様からご意見や […]

毎年10月、11月は私達の周辺で“本”についてのさまざまな催しや会合が開かれたり、興味深い事柄が語られる“秋” […]