サイトマップお問い合わせ

HOME > 本のある時間 > 新田満夫の業界通信

nitta

新田満夫は2015年10月27日に逝去いたしました。この連載もVol. 103をもって終了し、バックナンバーはアーカイブとして掲載致します。過去20年にわたる業界展望として、また故人をしのぶよすがとして頂ければ幸いです。長年ご愛読賜り、ありがとうございました。

 

新田満夫の業界通信

2年に1回ILAB(国際古書籍商連盟)は発足以来60年以上、世界大会と記念の稀覯書展を開催しています。第39回 […]

東京国際ブックフェア(TIBF) 7月8日から東京ビッグサイトに7万人以上の入場で大いに賑わったTIBFは梅雨 […]

  私達は7月1日付けで100パーセント子会社である雄松堂ファンタス、雄松堂出版、雄松堂アーカイブズ […]

混沌の先春が来るか? いよいよ4月、桜花とともに新しい年度を迎える時期に入りました。昨年の夏頃から秋、冬そして […]

雄松堂 法人化から半世紀 海外からの学術情報(文献の輸入等)の要望が日本国内の研究機関で急速に高まり、海外送金 […]

未だ不鮮明な活字文化の未来 11月10日-12日、横浜のパシフィコ展示場で開かれたJCC運営の第11回図書館総 […]

民主党政権に変わりましたが、ひょっとすると“本を読むこと”“人間らしい時間を持つこと”等人間らしい生き方が再評 […]

昭和32年、当時としては大変運が良かったと思います。大学の恩師のルートを通じてゼミのテーマ「会計学」を勉強する […]

5月末、政府が経済危機対策の緊急対応として、総額13兆余にのぼる超高額な補正予算を国会で成立させたので、総選挙 […]

去る3月14日から18日、中国古書籍商協会(ABAPRC)の招待で、ILAB(国際古書籍商連盟)事務局長である […]