サイトマップお問い合わせ

HOME > 本のある時間 > 新田満夫の業界通信

nitta

新田満夫は2015年10月27日に逝去いたしました。この連載もVol. 103をもって終了し、バックナンバーはアーカイブとして掲載致します。過去20年にわたる業界展望として、また故人をしのぶよすがとして頂ければ幸いです。長年ご愛読賜り、ありがとうございました。

 

新田満夫の業界通信

北京にて アジアの出版界は今、近い将来大市場になることが期待され、世界の出版界に大きな影響を与えつつあるという […]

雄松堂グループの代表者としてこんなコメントを発表すると「時代おくれ」とお叱りをうけるのは当然だと思います。ネッ […]

内外のBOOK FAIR情報 2000年に世界中で開催が予定されている主要なBOOK FAIRのうち、雄松堂グ […]

輸入書業界の変容について 私どもは海外から学術文献を輸入して国内の研究機関にお納めするのを主な仕事としておりま […]

2000年、大転換の到来か 私の40年近い会社経営や海外との交流を通じて、今年ほど世の中が変わってくる予感を実 […]

1000年代、人類の発明は 最近世界中の様々な機関や、メディアが西暦1000年代の終幕にあたり「人類最大の発明 […]

YUSHODO FORUMの歴史 ここ近年の著しい情報形態の変容は私たちのコミュニケーションの形を大きく変えよ […]

AIB(国際ビブリオフィル協会)とは AIBは世界中の愛書家や書物に興味をもつ人々の絆を作りながら文化財として […]

これからの大学図書館について 21世紀、大学図書館がどう変わるのか、そしてどう変わるべきなのか? ここ数年、現 […]

BOOK FAIRをご存じですか 世界のどこかでブックフェアーが開かれていると言っても過言ではないほど、今ブッ […]