特集1月
 

【WABP】 特集 「日本」開催 1月17日(水)~4月17日(火)

 

特集1月

 

「書物でたどるジャポニスムの美」

 

 

19世紀中頃、開国した日本は西洋との交流を再開させます。

万国博覧会の出展をきっかけに、浮世絵や陶磁器といった日本の伝統的な美と技が

ヨーロッパの人々に大きな衝撃を与えました。

 

特に北斎の作品はジャポニスムの先駆けとなって伝播し、西洋書物に挿絵として度々使用されました。ジャポニスム評論家として活躍した美術批評家たちの著書や、北斎の挿絵を含む紀行書や評論、

ジャポニスム関係の美術書や挿絵本など多数展示販売いたします。

 

瞬く間に熱風を巻き起こしたジャポニスムの軌跡を、書物の世界からお楽しみください。

 

 

販売商品一例

◆(刷物)葛飾北斎「鉄瓶」額入り アヴィラン旧蔵 1799

◆オールコック「大君の都」初版 1863 ロンドン刊

◆ビュオー「ジャポニスム銅板画10点」限定150部

◆滝沢馬琴/レガメー訳「お駒」

◆ビゴー「日本素描集」 および「日本の元旦」file6

 

※会期中に資料の入れ替えを行います。

 

ジャポニスム最盛期に日本で花開いたちりめん本も多数展示予定です!