【古書ブログ】 みつお ワールド・アンティーク・ブック・プラザの【服飾】特集 「装いの文化史」へ行く

こんにちは。丸善雄松堂のマスコットキャラクター(非公認)で、【古書ブログ】に出張中のみつおです。今回は丸善日本橋店3階のワールド・アンティーク・ブック・プラザで開催中の「服飾」特集を取材してきました!

matsuo_blog_013-1

こんにちは。丸善雄松堂のマスコットキャラクター(非公認)で、【古書ブログ】に出張中のみつおです。現在開催中の京都古書展に行こうとしたのですが、日本橋のプラザにどうしてもいてくれとお偉いさんに頼まれてしまいました。いやー困っちゃうなー。僕も遂に人気者になったということですかね。ブヒ。…でも…本場の生八つ橋食べたかったです…気を取り直して今日も頑張って丸善雄松堂で扱っている商品の素晴らしさをお伝えいたします!今回は丸善日本橋店3階のワールド・アンティーク・ブック・プラザで開催中の「服飾」特集を取材してきます。

 

matsuo_blog_013-2

まずは、こちらのエラ「アール・デコ調オリジナル服飾デザイン画集」、なんと実物の見本が9点も付いているのです。えへへ試着してみちゃおう。どうですか?このデザイン…似合っていますか?シーツのオバケとか言わないでくださいね。ブヒ。

 

matsuo_blog_013-3

こちらはおフランス製ジャカード織布地の見本帳ですね。色も鮮やかで高級そうです。

 

matsuo_blog_013-4

ディスプレイがまるでガラスの階段のようで見やすいです。よいしょっと。

 

matsuo_blog_013-5

おぉ!こちらは「ガゼット・デュ・ボントン」の刊行で知られるルシアン・ヴォーゲル(1886-1954)の編集によって第一次世界大戦の最中にパリで出版された月刊ファッション雑誌「ル・スティル・パリジャン」全7号です。完全揃いのセットが市場に出ることは非常に稀なことだそうです。ありがたや、ありがたや。

 

matsuo_blog_013-6

こちらは靴のデザイン原画集でしかもオリジナルのデザイン画がなんと985点もあるのです。いやーどの靴にしようかな。

matsuo_blog_013-7

これかな?

 

matsuo_blog_013-8

いや…こっちかな?

 

matsuo_blog_013-9

よし!これにしよう。すみません。これ、ください。え?ブタサイズがない?…残念。

 

matsuo_blog_013-10

こちらは「フランスの香水」という香水に関する古書です。くんくん…匂いがすると思ったら古書の匂いだった。それにしてもなんかショッピングに来ているみたいで楽しいですね。

 

matsuo_blog_013-11

是非ワールド・アンティーク・ブック・プラザの「服飾」特集にお立ち寄り下さい!11月29日(火)まで開催しております。

 

matsuo_blog_013-12

そして関西にお住まいの方は【京都古書展】~ワールド・アンティーク・ブック・プラザ  in  京都 ~を11月13日(日)まで開催しまいますので丸善京都本店へ是非お越しください!