【古書ブログ】 まつお、香港ブック・フェアへ行く

【古書ブログ】に出張中のまつおです。
今回は香港ブックフェアをレポートしてきました。

matsuo_blog_006 (1)

ニーハオ。雄松堂のマスコットキャラクター(非公認)で、【古書ブログ】に出張中のまつおです。日々公認されるよう、雄松堂の素晴らしさをお伝えしているのです!そして遂に僕も海外進出です!今回は古書事業部の関さんと一緒に香港ブック・フェアに行ってきます。

あー…楽しみだなー。飲茶に、お粥に、マンゴープリンに、お茶に…

 

 

matsuo_blog_006 (2)

関さん 「ごめん…君が大き過ぎて一緒に連れて行けない。」

ガーン…

??? 「でしたら、僕にお任せください。」

だ、誰だ!

 

 

matsuo_blog_006 (3)

ミニまつお「ぼくはミニまつおです。影武者としてぼくが香港へ行ってきます。」

残念ですが…よろしくお願いします。ただ、お土産だけは忘れないでくださいね。

 

 

matsuo_blog_006 (4)

というわけで、ここからは僕、ミニまつおがご案内いたします。わー!飛行機だ!!機内食が楽しみだな。

 

 

matsuo_blog_006 (5)

会場のHong Kong Maritime Museumに到着です。綺麗ですね流石『東方の真珠』。

 

 

matsuo_blog_006 (6)

これから古書展の準備をします。大きな段ボールですね。これなら、まつおさんも行けたかも。でも、おかげで僕が行けたからいいや。

 

 

matsuo_blog_006 (7)

会場もこんなに広いのですね。しかも全体が白で綺麗です。

 

 

matsuo_blog_006 (8)

雄松堂のブースが完成です。これから僕と関さんで、がんばって古書のご案内するのです!

 

 

matsuo_blog_006 (9)

僕の役目はガラスケースに来たお客様の接客です。

 

 

matsuo_blog_006 (10)

そしていよいよ開催。こんなにお客様が来てくださいました。

 

 

matsuo_blog_006 (11)

会場では、欧米の古書店事情の案内書「四季訪書」の著者でライターの鍾芳玲さん(Ms. Fang-Ling Jong, Publishing & Bookselling Consultant)のサイン会が行われていました。関さんも雄松堂のためにサインを頂きました。鍾芳玲さんありがとうございます。

 

matsuo_blog_006 (12)

おっ、早速お客様が。

じーっ……

あっ、なんか僕…すごい凝視されてる…「かわいい」だって!照れるなぁー

 

 

matsuo_blog_006 (13)

これとかいかがですか。中国の古書アルバムでとても興味深いですよ。

 

 

matsuo_blog_006 (14)

そしてなんと初日の18時以降にはお酒が出るのです。美味しい白ワインだな。

※ミニまつおは立派な大人のブタです。

 

 

matsuo_blog_006 (15)

3日間取材させて頂きましたが、すごい大反響でした。とても勉強になる古書展でした。関さんも僕もたくさんのお客様を接客したおかげで、雄松堂の古書も売れました。

 

matsuo_blog_006 (16)

さて、古書展のお手伝いしたし、取材もできたし、日本へ帰ります。あっ…まつおさんにお土産忘れた。まぁいいか…

 

matsuo_blog_006 (17)

今後も遠出するときはミニまつおが調査しますので、今後ともよろしくお願いいたします。

以上、香港ブック・フェアの体験レポートでした。