【古書ブログ】 まつお、ワールド・アンティーク・ブック・プラザの【国際稀覯書展】へ行く

【古書ブログ】に出張中のまつおです。
今日は丸善日本橋店内の“ワールド・アンティーク・ブック・プラザ” の【国際稀覯書展】へ潜入してきました。

matsuo_blog_004 (1)
こんにちは。雄松堂のマスコットキャラクター(非公認)で、【古書ブログ】に出張中のまつおです。日々公認されるよう、雄松堂の素晴らしさをお伝えしているのです!でも最近こんなにもPR活動をしているのに、なかなか「公認」キャラクターへ昇格しないので、密かに丸善日本橋店3階のワールド・アンティーク・ブック・プラザで店頭スタッフ募集に応募しようかと企んでいます。
あっ…ブタはダメだった…悲しいです。
本日はそのワールド・アンティーク・ブック・プラザで11月4日から開催している「国際稀覯書展」に遊びに…あっ…潜入してきます。

 

matsuo_blog_004 (2)

まずは僕の名前を記帳しなくては…!!え?雄松堂の関係者は書かなくて良いの?…残念…

 

 

matsuo_blog_004 (3)

店内の陳列は今回の特別使用で貴重書が沢山見られるようになっています。では、さっそくどんな古書と巡り合えるか探検してみましょう!

 

 

matsuo_blog_004 (4)

うわ!なんだこれは!へぇ…航海用の六分儀なのですね。…おぉ…これは面白い…

 

 

matsuo_blog_004 (5)

ん?この顕微鏡みたいものはなんだろう。ほうほう…万華鏡ですね。どれどれ…うわぁ…きれいですね。

 

 

matsuo_blog_004 (6)

これは蒔絵写真という技法で黒漆が塗られた木版に、金漆を塗り、その上から写真をコロタイプ印刷しています。額には蒔絵が施され、壁掛け用や写真帖の表紙として使われたらしいです。金と黒のコントラストが不思議です。

 

 

matsuo_blog_004 (7)

などなど三大美書をはじめとした様々な古書が沢山あります。それにしても、こんなにたくさんの古書に囲まれて幸せです。うっとりしちゃうわー。(はっ…しまった…またついおばちゃんキャラが出てしまった。)……ぬぁに?!お店の外にも展示しているのですか??こんなところで寝ている場合じゃない!見に行かなくては!

 

 

matsuo_blog_004 (8)

お店の目の前の展示スペースへやってきました。ステュアート「米国海軍及び郵便蒸気船」とその隣はペリーのポーハタン号勘定書です。ペリー関連としては2つとも貴重な資料です。

 

 

matsuo_blog_004 (9)

こちらはペリー艦隊に同乗し、多くの挿絵を描いたドイツ出身の画家ハイネの「日本遠征のグラフィック・シーン」です。五重塔…?七重塔…?

 

 

matsuo_blog_004 (10)

おぉ!これはかの有名な「アンネの日記」!!しかも初版だとはとても貴重です。

 

 

matsuo_blog_004 (11)

稀覯書展に続いて、11/11(水)からは「紙」特集が始まりますし、11/18(水)と12/4(金)には学びの会もあります。色々イベントが企画されていてワールド・アンティーク・ブック・プラザは楽しいことが沢山です!(詳細は[http://bit.ly/1MMgNBX]をご参照下さい。)

 

 

matsuo_blog_004 (12)

是非ワールド・アンティーク・ブック・プラザにお越しください!