オンデマンド版

岡松参太郎文書目録

早稲田大学図書館所蔵
早稲田大学図書館 早稲田大学東アジア法研究所 編集
浅古弘 解説

B5判 並製 820pp. ISBN 978-4-8419-5001-4

本体16,000円+税

 雄松堂アーカイブズ発売「岡松参太郎文書」の目録。原本である「岡松家旧蔵文書資料」は、岡松参太郎自身が蒐集整理し保管していた資料であり、没後も約80年間、自宅書庫に研究者の目に触れることなく保管されてきた、岡松参太郎とその父甕谷二代にわたる資料である。
 幕末・明治を代表する儒学者・教育者の一人である父甕谷の資料の中には、中江兆民ら多彩な人材を輩出した紹成書院関係の資料や「遺集第二集日記」などがある。参太郎に関わる資料からは、法学者としての参太郎の足跡と、彼が深く関わった台湾の植民地統治・満鉄の創設の歴史を余すことなく知ることができる。
 法律学者、台湾旧慣調査会・満鉄関係者からの書簡、未公刊の論文原稿を含む著作原稿、ノートはもとより、裁判所に提出した鑑定書の写し、台湾や法律取調委員会での法案の起草原稿、植民地統治に関する政策立案の下書きや旧慣調査会の組織・運営に関する公文書の類からドイツの商品カタログや留学中の請求書や領収書まで様々なものが残っており、法制史や法律学、植民地史に限らず、政治史・経済史・社会史・教育史・図書館史・技術史などの研究資料としても活用できる資料群である。

「岡松参太郎文書」【収録概要】

分  類 資料数 リール数 金 額
A 岡松甕谷関係 112 4 ¥100,000
B 書 簡 749 4 ¥100,000
C 台湾関係 2,235 20 ¥500,000
D 南満洲鉄道関係 544 8 ¥200,000
E 裁判関係 201 4 ¥100,000
F 大学関係 417 5 ¥125,000
G 立法関係 454 9 ¥225,000
H 独商(カタログ類) 71 1 ¥25,000
I 拓殖関係 10 2 ¥50,000
J 欧州紀行関係
648
K ノート類 121 15 ¥375,000
L 原稿・論文 2,358 40 ¥1,000,000
M 弔事関係 28 10 ¥250,000
N その他
631

雄松堂アーカイブズ発売「岡松参太郎文書」についてはこちらをご覧下さい。


戻る