好評発売中

雄松堂書店>[復刻版]キリシタン版『サカラメンタ提要 付録』 —影印・翻字・現代語文と解説—

世界で1部のみ現存する幻のキリシタン版

[復刻版]キリシタン版 『サカラメンタ提要 付録』——影印・翻字・現代語文と解説——

解説:高祖敏明
原本所蔵:中国国家図書館

菊判 上製 200頁 2010年11月刊
ISBN 978-4-8419-0535-9

本体6,800円+税

 『サカラメンタ提要(Manuale ad Sacramenta Ecclesiae ministranda)は、1605年に長崎で二色刷り印刷されたキリシタン版の一種で、カトリックの典礼を執り行う固有な儀式の趣旨や次第、祈りや教えを収めた定式書である。現存するのは世界に8冊のみであり、とくに「付録」(SACRAMENTOTO SONO FOca xinajinano guini tçuiteno voxiye. サカラメンタとそのほか品々の儀についての教え)が付されているのは、8冊のうちでも中国国家図書館所蔵の1冊だけである。

 1936年、上智大学のヨハネス・ラウレス神父によってこの「付録」が北京の北堂図書館に所蔵されていることが判明し、その際に撮影された写真のみが伝えられてきたが、原本はその後所在不明となっていた。中国国家図書館での所蔵が判明した後、鮮明な影印版及び現代語文が刊行されるのは今回が初めてである。

 定式書は、ラテン語のほかに各地域の言語でも著されるのが普通であったが、教勢が急速に伸張し、1604年には日本人司祭も誕生していた当時の日本では、すべての内容を日本語文に改める時間的余裕がなく、必要性の高いものについてはローマ字表記の日本語にして本文に挿入するか、「付録」として巻末に綴じ込むという対応がとられた。『サカラメンタ提要』本文中にも随所に「付録」を参照するよう指示があり、「付録」を欠いては十分な研究は不可能であろう。国語学研究の資料として、また日本史資料としても重要な一冊である。

書籍画像:「キリシタン版精選」
原本:影印
原文の翻字(ローマ字と日本文字を対照)

本書の構成
I 
影  印
II 
翻  字(原文をローマ字と日本文字の活字体に組み替えて見開きで対照)
III 
現代語文
IV 
解  説

書籍画像:「キリシタン版精選」

高祖敏明

上智大学教授。イエズス会神父としての職務の傍ら、キリシタン研究に打ち込む。
主な著作・監修:『東洋の使徒 ザビエル』(1999-2000年 上智大学 刊)『キリシタン版太平記抜書』(2007-2009年 教文館 刊)ほか。

戻る

復刻版「キリシタン版精選」
1.『SANCTOS NO GOSAGVEONO VCHI NVQIGAQI』(サントスのご作業の内抜書)
2.『ぎやどぺかどる』
(GVIA DO PECADOR)
3.『MANVALE AD SACRAMENTA ECCLESIAE MINISTRANDA』
(サカラメンタ提要)

復刻版 キリシタン版精選 金言集