2016_7_7

WABP七夕書物対談「三島由紀夫『薔薇刑』制作秘話」
ギャラリートーク+即売サイン会

日 時:2016年7月7日(木)
18:00

会 場:ワールド・アンティーク・ブック・プラザ

講 師:細江 英公(ほそえ えいこう)
浅葉 克己(あさば かつみ)
松本 徹(まつもと とおる)

丸善3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザにて、対談&サイン会を開催します。

 

「三島由紀夫『薔薇刑』制作秘話」ギャラリートーク+即売サイン会

 

7月開催予定のWABP「アート」特集会期中、三島由紀夫『薔薇刑』二十一世紀版サイン会とともに、著者・写真家の細江英公先生と、造本構成家として当作品でADCアワード2016原弘賞を受賞された浅葉克己先生をお招きして、『薔薇刑』制作秘話と題し対談トークを行うことになりました。さらに、三島由紀夫文学館館長の松本徹先生に司会・進行をいただきます。

 

■ 対 談

細江英公氏(写真家・東京工芸大学名誉教授)

浅葉克己氏(アートディレクター・ADCアワード2016原弘賞『薔薇刑』受賞)

■ 司会・進行

松本徹氏(山中湖 文学の森「三島由紀夫文学館」館長・文芸評論家・新刊『三島由紀夫の生と死』著者)

 

日時: 7月 7日(木)18:00~お話開始  (17:30~予約優先受付開始)

WABP七夕書物対談 「三島由紀夫『薔薇刑』制作秘話」ギャラリートーク+即売サイン会

参加無料※予約優先

 

★サイン会記念特典★ (19:20頃~を予定しております。)

 

写真集『薔薇刑』二十一世紀・特別愛蔵版 ☆細江英公先生と浅葉克己先生のWサイン☆

B4変形上製 102頁 初公開写真5枚 函入 ISBN 978-4-908578-00-7 税込64,800円

※当日お買い上げの方に、もれなく細江英公氏・浅葉克己氏両氏による記念Wサイン付き

(『薔薇刑』ご自宅へ無料配送いたします)

 

松本徹『三島由紀夫の生と死』鼎書房2015 ISBN 978-4-907282-22-6 税込単価1,944円

※松本徹先生の新刊書籍もご用意し、当日お買い上げの方にはサインがいただけます。

 

■ ご予約お申込み:

WABP(wabp@maruzen.co.jp)へ、ご氏名と「薔薇刑」対談+サイン会参加ご希望の旨を書いてお申込み下さい。

折り返し確認メールをお送りします。(残席わずか)

 

細江 英公

写真家、清里フォトアートミュージアム館長、東京工芸大学名誉教授、(社)日本写真家協会名誉会員。1933年山形県米沢市生まれ。1952年東京写真短期大学(現・東京工芸大学)写真技術科入学。1969年『鎌鼬』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。1998年紫綬褒章受章。2003年世界を代表する写真家7人のひとりとして英国王立写真協会創立150周年特別賞授賞。2006年写真界の世界的業績を顕彰するルーシー賞(米)の「先見的業績部門」を日本人として初受賞。2007年旭日小授章受章。2009年ルッカ・デジタル・フォトフェスティバル(伊)のマスター・フォトグラファーに選ばれる。2010年ニューヨークにてナショナル・アーツクラブ(米)より日本人として初めて第18回写真部門生涯業績金賞を受賞。同年秋、文化功労者に選出される。主な代表作に「おとこと女」「薔薇刑」「抱擁」「ガウディの宇宙」「ルナ・ロッサ」「浮世絵うつし」「死の灰」等がある。

浅葉 克己

1940 年神奈川県生まれ。桑沢デザイン研究所、ライトパブリシティを経て、1975年浅葉克己デザイン室設立。 以後広告界の歴史に残る数々の名作CM やポスターを制作する。代表的な仕事に、西武百貨店「おいしい生活」、 キリンビバレッジ「日本玄米茶」パッケージデザイン、 ミサワホーム「家ではスローにん。」「ミサワバウハウスポスター」など。中国に伝わる象形文字「トンパ文字」に造詣が深い。 『薔薇刑』でADCアワード2016原弘賞受賞。東京TDC 賞、毎日デザイン賞、日本アカデミー賞最優秀美術賞、東京ADC グランプリ、紫綬褒章など受章歴多数。 東京TDC 理事長、東京ADC 委員、JAGDA 理事。東京造形大学、京都精華大学客員教授。桑沢デザイン研究所10代目所長。書家・石川九楊に師事。卓球六段。

松本 徹

1933年北海道生まれ。大阪市立大学国語国文科卒業。産経新聞記者から近畿大学教授、武蔵野大学教授を経て、現在は山中湖文学の森 三島由紀夫文学館館長。『季刊文科』、『三島由紀夫研究』各編集委員。著書に、最新刊の『三島由紀夫の生と死』(鼎書房)、『徳田秋聲』(笠間書院)、『師直の恋 原「忠臣蔵」』(邑書林)、『六道往還記』(おうふう)、『三島由紀夫論 失墜を拒んだイカロス』(朝日出版社)、『三島由紀夫の最期』(文藝春秋)、『あめつちを動かす 三島由紀夫論集』(試論社)、『三島由紀夫 エロスの劇』(作品社)、『小栗往還記』(文藝春秋)、『風雅の帝 光厳』(鳥影社)、『天神への道 菅原道真』(試論社)など。編著に『年表作家読本 三島由紀夫』(河出書房新社)、『三島由紀夫事典』、『三島由紀夫論集』ⅠⅡⅢ(以上二冊 勉誠出版)、『作家の自伝 徳田秋声』(日本図書センター)、『徳田秋声全集』四十三巻(八木書店)など。

このイベントはすでに終了しています