Print

荒俣流愛書のススメ! ~古書の魅力と収集の愉しみ~

日 時:2019年10月14日(月)
14:00〜15:30

会 場:丸善丸の内本店3F 日経セミナールーム

参加費:無料

講 師:荒俣 宏氏(作家・博物学者)

主 催:丸善雄松堂

〈主催より〉常人には考えられない書物愛に満ちた、稀代のビブリオマニア(愛書狂)荒俣宏。小説家デビュー以前には、書物購入のため食費をぎりぎりまで削り、10年間同じスーツ1着で出勤したサラリーマン時代があったという。作家となった後も、図鑑出版のため巨額の借金をし美しい挿絵の入った原著を買い求める―など、逸話には事欠かない。今回はそんな荒俣氏に、これまでの愛書人生を振り返って頂きながら、書物の持つ魅力、そしていかに古書を手に入れ愉しむのかを存分にご披露いただきます。

荒俣 宏氏

慶應義塾大学法学部卒業。コンピューター・プログラマーとして10年間のサラリーマン生活を送った後、独立。作家、翻訳家、博物学研究、TVタレントとして多方面で活躍。その著書・訳書は300冊に及び、代表作に『帝都物語』(角川書店)、『世界大博物図鑑』(平凡社)などがある。古今東西の貴重な古書を収集所蔵する愛書家として有名。

お申込はこちらから

弊社の個人情報保護方針をご確認いただき、ご承諾いただける場合のみイベントにご参加いただけます。

メール送信前に弊社の個人情報保護方針をご確認ください。

お問い合わせ