支那研究(東亜研究)

価格:324,000円(税込)

※分売可

自社開発商品

発行年月:1967

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:マイクロフィルム

巻数:大正9年8月~昭和19年10月

冊数:20リール

内容

中国の上海にあった東亜同文書院刊。東亜同文書院は、東亜同文会(会長近衛篤麿)が日中間の友好協力の基礎を固めるのに必要な人材を養成するために経営した専門学校。明治33(1900)年、南京同文書院として発足し、義和団事件の影響で上海に移転し、翌年東亜同文書院となった。このフィルムは、その研究報告の集成である。

特記事項

その他書誌事項:原  本:東亜同文書院支那研究部刊
支那研究 第1号 ~62号(大正9年8月~昭和17年3月)
東亜研究 第63号~70号(昭和17年7月~19年10月)
フィルム:35ミリ ポジティヴ ロール 20リール

媒体別特記事項

マイクロフィルム形態:35mmロールフィルム
フィルムネガポジ種別:ポジフィルム

タグ:, ,

シリーズ: