東京大学国文学研究所所蔵
本居文庫

価格:3,926,880円(税込)

※分売可

自社開発商品

発行年月:1997

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:Japanese (日本語)

媒体:マイクロフィルム

冊数:202リール

内容

東京大学国文学研究室は、本居大平の系統に伝わった資料を収蔵している。養子の大平が本居家の家督を相続し、宣長の跡目として和歌山藩に出仕した。宣長学の継承、本居学派の統率に尽力し、千人をこえる門人を育成した。以降、内遠・豊頴は、和歌山藩江戸藩邸の国学所教官となり、国学の普及につとめた。本資料には、宣長自筆資料をはじめ、大平・内遠・建正・永平・豊穎らの草稿・写本・版本が豊富に収まり、本居家の学問の継承と発展の実態を知るには必見のものとなっている。

特記事項

その他書誌事項:原  本:1990点(巻子本、一枚物等を含む) 写本約3000冊 刊本約1000冊
フィルム:35ミリ ポジティヴ ロール 202リール
目  録:東京大学国文学研究室編 B5判 132頁

媒体別特記事項

マイクロフィルム形態:35mmロールフィルム
フィルムネガポジ種別:ポジフィルム
付属物:目  録:東京大学国文学研究室編 B5判 132頁