法政大学大原社会問題研究所所蔵
協調会・企業調査資料集

価格:248,400円(税込)

自社開発商品

媒体:DVD

内容

 社会・労働問題の研究機関として我が国最古の歴史を誇る法政大学大原社会問題研究所が所蔵する未公開資料のひとつ、協調会の企業調査資料である。第一次世界大戦後の労働運動の高揚を受け、1919年に設立された協調会が、労使協調を目的に、社会政策・社会運動、社会政策推進、労働争議の仲裁・和解など、多岐にわたって進めた調査研究の成果である。調査期間は、大正5年から昭和15年にいたる四半世紀に及び、とりわけ大正9年から昭和6年に大きな成果を残している。調査対象企業は32業種165社にのぼり、各企業の労役規則、扶助規則、就業規則とともに、産業別の労働事情を調査し、「社会政策時報」の原資料ともなった労働事情調査報告書など、貴重な資料群が含まれている。当時の企業の実態を伝える資料として、経済史・経営史研究、労働史研究をはじめ、広く日本近代史研究にとって、有益な資料である。

特記事項

その他書誌事項:原本所蔵:法政大学大原社会問題研究所

タグ:, , ,

シリーズ: