東京大学経済学部所蔵
戦時税制資料

価格:505,440円(税込)

自社開発商品

媒体:マイクロフィルム

内容

 昭和3年から昭和13年にいたる大蔵省主税局の税制改革に関する貴重な税制史資料である。所蔵する東京大学経済学部においては、資料の寄贈者に因み、「濱田徳海資料」と称されている。大蔵省主税局の内部資料を同じく対象として、1980年代に公刊された「昭和財政史資料」マイクロ版(大蔵省財政史室編)が、昭和恐慌期までの資料を中核としているのに対し、本資料は昭和恐慌以降10年間の文書をカバーしており、両者の重複は皆無に近い。戦時経済体制への移行に伴う戦費調達のための昭和12年「馬場税制改革案」に関する資料をはじめ、戦時税制に関する極めてユニークなコレクションである。

特記事項

その他書誌事項:原本所蔵:東京大学経済学部

媒体別特記事項

マイクロフィルム形態:35mmロールフィルム
付属物:目録:A4判 45頁

タグ:, ,

シリーズ: