大英図書館所蔵
ファクシミリ版 「ウィンチェスター詩篇」
The Winchester Psalter.

価格:84,207円(税込)

※※海外在庫僅少

在庫:在庫僅少

限定980 部

出版社名:The Folio Society

出版国/出版地:United Kingdom (イギリス) /London

言語:English (英語)

媒体:書籍(復刻版)

判型/サイズ:324x229mm

頁数:80 p.

内容

偉大なる収集家・愛書家ロバート・コットン卿によって、1753 年の大英博物館創立にあたり寄贈された莫大なコレクションは、その基礎を形成した。本書は、そのコレクションの至宝であり、中世彩飾写本の初期の真の傑作のひとつである「ウィンチェスター詩篇」のファクシミリ版である。
 12世紀に製作された本写本は、旧約聖書、キリストと聖母マリアの生涯、キリストの再臨や最後の審判の場面を描いた挿画サイクルが大変有名であり、それら啓発的で恐ろしく、想像力を掻き立てられる細密画は、英国ロマネスク様式の最も独創的で革新的な写本彩飾画の頂点に立つ傑作との評価を得ている。ベリーセントエドモンズの写字室に繋がりのあった無名の細密画家たちによる「ウィンチェスター詩篇」の挿画サイクルは、善と悪およびその報酬と罰の明確なモデルを読者に提供する、基本的に救済への視覚的なガイドとなっており、中でも大天使ミカエルが扉を閉ざす地獄(f.39)の図はそのクライマックスの場面として有名である。
 本写本の原典の来歴と所有者は未だはっきりはしていないが、ウィンチェスター大聖堂やフランスのクリュニー修道院とのとの関連が指摘されており、ウィリアム征服王の孫であり、イングランド王スティーブンの弟であったアンリ・ド・ブロア(Henry de Blois, 1098/9–1171)が後援者であった可能性が高い。クリュニーの僧侶やウィンチェスター司教を務める傍ら美術品の収集家・愛好家でもあった彼は、ウィンチェスターとグラストンベリー修道院の両方に惜しみない寄贈をしており、彼自身の使用のために本詩篇の製作を依頼したとも考えられている。その後、本写本はウィンチェスターからシャフツベリーのベネディクト派修道院に移り、13世紀中葉に全くの行方知れずとなり、17世紀にロバート・コットン卿のコレクションとして世に再度現れたが、1731年の火災によりコットン卿コレクションは大被害を受けた。本写本も被害を受けたが、各葉は整えられて新たに製本され、後世のために保存されて現在に至っている。

特記事項

その他書誌事項:12th Century.
80 pages (324x229mm).
Printed on Biberist Furioso with Merida endpapers; Bound in Indian Goatskin; Blocked with 2-colour design by Joe McLaren; Gilded top edge.
With a commentary volume (100 pages, 241x159mm).
In a presentation box (349x248x572mm).