大英図書館蔵写本
「ペルジーノの時祷書」ファクシミリ版
Il Libro d’Ore del Perugino.: British Library, London. Ms. Yates Thompson 29.

価格:1,020,600円(税込)

※輸入実勢レート

在庫:お問い合わせ

限定980部

発行年月:2008

出版社名:Franco Cosimo Panini

出版国/出版地:Italy (イタリア) /Modena

言語:Latin (ラテン語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:21 x 14.5 cm. 274 pp.

内容

十六世紀初頭マスターピースの宝石箱
ルネサンス期ウンブリア派を代表する画家ピエトロ・ペルジーノ(ディ・クリストフォロ・ヴァンヌッチ、c.1448-1523)、フェラーラ=マントヴァ派のロレンツォ・コスタ(1460-1535)、ボローニャの金細工師/貨幣鋳造所長でコスタと協業してマントヴァの宮廷画家となったフランチャことフランチェスコ・ライボリーニ(1450-1517)、マニエリズモを先見した折衷派のエキセントリックな画家アミーコ・アスペルティーニ(1474-1552)等による、十六世紀初頭ルネサンスの著名な絵師の作品を包括するユニークな写本のファクシミリ版です。

 

ボローニャに旧くから続く名家ギズリエリ家のフランチェスコという人物が、彼の孫ボナパルテ誕生の際に制作を依頼したものですが、そこには、十六世紀中北部イタリア細密画の最良のものを結集した小さな名選集を制作するという意図が見られます。各絵師がそれぞれフルページの細密画を描き、十五世紀末から十六世紀初頭にかけてフェラーラ派の最重要な細密画家とされるマッテオ・ダ・ミラノが、これら著名な絵師の作品をコーディネートする役割を負い、だまし絵効果を含んだ華美な装飾ボーダーを受け持ちました。花一面の伝統的な装飾が多い一方、1480年にローマのエスクイリヌスの丘で古代皇帝ネロのドムス・アウレア(黄金宮殿)の地下洞窟(グロッタ)が発掘され、その大理石やモザイクを使った風変りな室内装飾品に影響を受けた、グロテスクと呼ばれる図案も数多く含まれています。書写は、ボローニャ大学の文法学者で、カリグラフィー師として著名なピエトロ・アントニオ・サランディ(c.1460-1540)によるものです。

 

アスペルティーニが「羊飼いの礼拝」、コスタが「キタラーを持つダヴィデ」、フランチャが「ヒエロニムス」を描くなか、本ファクシミリ版の最も注目すべきページは、ペルジーノによる「セバスティアヌスの殉教」です。このペルジーノの著名入り細密画は原典からは消失していますが、ファクシミリ版においては、元の位置において復刻しており、もとの完全形を取り戻しています。写本原本は、ギズリエリ家から離れ、記録によると十八世紀には、マルケ集北西部ウルビーノのアルバーニ家で見つかり、十九世紀にイギリスへと辿り着き、「ポール・モール・ガゼット紙」等の英国新聞オーナーで彩飾写本の収集家として知られるヘンリー・イェイツ・トンプソン(1838- 1928)に1897年に購入され、1941年以降大英図書館に所蔵されています。

特記事項

その他書誌事項:274 pp. including 32 pages of illuminations and more than 1,000 gilded initials. In morocco binding adorned with silver and enamel work and semi-precious stones. With a commentary book by Giancarlo Benevolo and Peter Kidd, edited by Massimo Medica. Facsimile Edition. Limited to 980 copies.

タグ:, , ,

シリーズ: