稀少なフィレンツェ刊初版~モデナ科学・文芸国立アカデミーの至宝
プルチ「モルガンテ23歌」初版 インキュナブラ復刻版 ゴッツィ製本総革装レプリカ本体(解説無)
Pulci, Luigi – Il Morgante.: Accademia Nazionale, Modena. incunabolo AC CF29 (Florence: San Jacopo di Bagno a Ripoli, c.1481)

価格:266,399円(税込)

在庫:お問い合わせ

10部限定

言語:Italian (イタリア語)

内容

1478年には23歌で完成し、1481年から翌年にかけてメディチのお膝元フィレンツェとヴェネツィアで競い合うようにして出版された唯一無二の初版の復刻版です。ルイジ・プルチ(1432-1484)存命中5歌が書き加えられた第2版以降「大モルガンテ」と題して没後も両地で数多くの版が絶えず作られていきました。カロリング・サイクルの伝統的騎士道劇のパロディーとして、8行詩を保ちながら笑い飛ばすバーレスク調喜劇詩。キリスト教に改宗してオルランドの槍持ちになって蟹に挟まれて死ぬ巨人モルガンテと、猿真似がツボにはまり爆笑破裂死する巨人小人マルグッテが特に大人気となり、十六世紀版でしばしば単独でスピンアウトされています。プルチは、若きロレンツォに仕え、その母で詩人であるルクレツィア・トルナブオーニの薦めで本作の制作を始めましたが、プラトン主義者マルシリオ・フィチーノと反目してフィレンツェを去りました。マルシリオ本人として劇中では、かのロンスヴォーの戦いで、英雄オルランドとリナルドを罠にはめて死に追いやる裏切り者ガーノと結託する役で登場します。1910年オリジナルの修復を施したゴッツィ製本所によって、当復刻版にも同じ装丁が施されています。もともと所蔵館の貸出用途で出資制作されたレプリカのため、販売できる部数はごく僅かに限られます。

特記事項

その他書誌事項:Folio (27 x 21 cm). 226 pp. text in double column in Italian, bound in leather by Legatoria Gozzi as original in 1910, gilded title on the cover and spine with five raised bands. Facsimile Edition. (ISTC# ip01123500) Limited to only 10 copies (besides 10 not for sale).