フランス国立図書館蔵写本 復刻版
「ムハンマドの黙示録」パリ写本
Mi'ragnama (Apocalypse of Muhammad): Bibliothèque Nationale de France, Paris. Ms. Suppl. Turc. 190. (Herat, 1436)

※※お問い合せください

在庫:お問い合わせ

999部限定

発行年月:2008

出版国/出版地:Spain (スペイン)/

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:34 x 24 cm. 35 ff., incl. 61 full-page miniatures, Arabic script in gold and black, bound in black leather, in plexiglass slipcase. With a commentary volume. Facsimile Edition. Limited to 999 copies.

内容

 ティムール朝風スタイルの傑作でムハンマドの黙示録を描いた彩飾写本の復刻版です。原典は、現在のアフガニスタン北部にあたる都市、ヘラートで1436年に制作されました。預言者ムハンマドが、大天使ガブリエルと伴に、天体をめぐり、神の御座の前まで達し、七つの地獄の層を通って地上に戻ってくる旅を描いています。この物語は、中世ヨーロッパにおいては、アラビア語からラテン語、フランス語、アルフォンソⅩ世の命によるカスティーリャ語への翻訳写本等で広まっており、専門家によるとダンテの「神曲」にも影響を及ぼしたものと考えられています。ティムール王朝第三代君主シャー・ルフ(1377-1447)が首都としたヘラートでイスラームの典型的な様式性を超えるリアリズムに特徴づけられる彩飾が強化され、細密画にみられるペルシャ美術のスタイルは、十五世紀前半に最高潮に達し、ルネサンス時代のヨーロッパに脅威と魅惑を与えました。

タグ:, , ,

シリーズ: