フランス国立図書館所蔵写本「驚異の書」より初の後篇復刻
マンデヴィル「東方旅行記」 驚異の書パリ写本後篇 ファクシミリ版 注釈巻付
Voyages de Jean de Mandeville. (Livre des Merveilles et autres reìcits de voyages et de textes sur l’Orient, fol. 141-225): BibliotheÌque Nationale, Paris. Fr. 2810. (Paris, c.1410)

※詳細は丸善雄松堂にお問い合せください

在庫:お問い合わせ

限定980部

言語:French, Middle (ca.1400-1600) (中世フランス語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

内容

無怖公(sans peur)としてパリ市民の支持を得て戦ったブルゴーニュ公ジャンⅠ世(1371-1419)が 、マザランの絵師など当時最高の画家達に命じて制作し、内戦期の1413年1月に叔父であり、愛書家として名高いベリー公ジャンⅠ世(1340-1416)に贈った「驚異の書」。その後半に記載された「マンデヴィルの旅行記」の復刻版がいよいよ今秋出版予定です。このフランス国立図書館所蔵写本の前半部分に記載されたマルコ・ポーロ「東方見聞録」(1-96葉84細密画)の後篇にあたり、かつてFaksimile Verlagより1995年出版(絶版)された復刻版に次いで、今回世界で初めて復刻される完全ファクシミリ版です。

 

旅行記中でイングランドのセント・オルバンズ出の騎士を名乗るサー・ジョン・マンデヴィルは、1372年11月にリエージュで亡くなったとされる東方旅行記の謎の著者です。1365年に論文を残したリエージュの医学教授ともされる、ジャン・ド・ブルゴーニュによるものとも言われ、リエージュの公証人の臨終立会いの際にイングランドである伯爵を殺害したために国外に逃亡した過去と、マンデヴィルという本名を告白されたともされていますが、1322年に遍歴の旅に出て、様々な紀行文をつなげた結果、30年以上の聖地から極東に至る旅行記を作り、クリストファー・コロンブスやマーティン・フロビッシャーに西回りの航海を促すことになりました。

特記事項

その他書誌事項:Folio (42 x 30 cm). 84 ff. incl. 74 miniatures, French text in gothic textura. Bound in full-leather on boards with gold embossing. With a scientific commentary volume. Facsimile Edition. Limited to 980 copies.

タグ:, , ,

シリーズ: