ローダデイル「公共の富の性質と起源に関する研究」初版
Lauderdale, James Maitland: An inquiry into the nature and origin of public wealth; and into the means and causes of its increases.

価格:378,000円(税込)

在庫:お問い合わせ

発行年月:1804

出版社名:Arch. Constable and Co.

出版国/出版地:Scotland (スコットランド) /Edinburgh

言語:English (英語)

判型/サイズ:8vo.

冊数:1

内容

First edition. (x), 482 pp. plus a folding table, complete with the half-title. Recent dark brown calf over marbled boards, burgundy morocco gilt spine label. Outer edge of title page restored and with a small college library stamp, folding table reinserted using archival tape.
スミスの「国富論」を批判したローダデイル (1759-1839) 唯一の著作の初版。本書においてローダデイルは、私富の追求は公富の拡大を生まず、労働は価値の尺度として不適切であるとするなど、スミス説を真っ向から批判し、さらに過剰貯蓄の危険を説きました。ローダデイルは利益の性質について初の本格的理論を提出した経済学者であり、英国において経済学の諸概念を初めて体系的に考察した人物であるといわれます。 (Goldsmiths 18801, Kress B.4816, Einaudi 3628)

タグ:,

シリーズ: