二十世紀モダニズム文学の金字塔
ジョイス「ユリシーズ」パリ刊初版 
Joyce, James – Ulysses. Facsimile of the First Edition.

ジェームス・ジョイス 著

価格:90,000円(税別)

※周年特価でご提供中

在庫:在庫あり

自社開発商品

発行年月:2001

出版社名:雄松堂書店

出版国/出版地:Japan (日本) /東京

言語:English (英語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:195×234mm

装丁:総モロッコ装丁 クロス装函入

頁数:732p.

ISBN:9784841902822

Cコード:3097

内容

ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)が著した小説の歴史における重要な分岐点を画した疑似英雄叙事小説。ホメロス「オデュッセイア」の構造を借りて、ダブリンでの1904年のある平凡な一日における登場人物の意識の流れを徹底的に描いた本作は、アメリカの雑誌「リトル・レビュー」に1918年から連載され、1920年には風俗を害するという理由で裁判沙汰になりました。連載された4号分は、当局により押収、焼却されましたが、ジョイスの創造力、創作欲は衰えることはありませんでした。裁判沙汰を恐れずに出版に挑む出版社を探し続け、加筆、訂正、構造やスタイルの変更を繰り返して作品に磨きをかけていきました。

 

パリのシェイクスピア&カンパニー書店が単行本の出版に踏み切り、予約を集めて資金を獲得し、ジョイスが完全に納得する形に作品が仕上げられる様に、無制限のゲラ刷りの見直しができるよう印刷業者の合意を取り、その結果、ジョイスは全く妥協することなく作品を完成し、出版することができました。初版は、こういった紆余曲折を経たうえ、1922年2月2日ジョイスの40歳の誕生日に限定1,000部で刊行されました。アメリカでの出版は1934年、イギリスでの出版はパリ版から実に14年後の1936年となりました。初版は紙装でしたが、保存性と扱いやすさのため、米国ヘリテイジ製本所の工房で熟練した職人の手によって、特注のモロッコ革製本で仕上げています。連載開始から初版出版までの100周年を記念して周年特価でご提供いたします。

特記事項

その他書誌事項:A Facsimile of the first edition. Inkpen facsimile Edition, a joint imprint of Yushodo and Inkpen Press, Tokyo, 2001

タグ:,

シリーズ: