Japan Chronicle Online
ジャパン・クロニクル 1900~1940年

※価格はお問い合わせ下さい

トライアル期間:機関トライアルのみ可能:1ヶ月間

出版社名:Brill

出版国/出版地:Netherlands (オランダ)/

言語:English (英語)

媒体:オンライン

内容

=2015 年10 月 全コンテンツ搭載完了=
創刊(1902)から終刊(1940)まで、および前身のコーベ・クロニクル(1900-1901)を収録

 

■明治から昭和にかけて刊行されたイギリス系英字新聞 ■小泉八雲も記者として在籍

 

神戸において明治35 年(1902 年)に創刊され、昭和15 年(1940 年)に「ジャパン・タイムズ」に吸収された英字新聞「ジャパン・クロニクル」(週刊版)をデジタル化。同紙は、条約港としてめざましい発展をとげていた神戸に拠点をおき、日本や東アジアへ移り住んだ外国人社会の視点を描きだすとともに、東アジア地域の発展を伝えた。20 世紀前半の東アジアの急激な変化と、戦争、政治や社会の混乱をとおして世界の表舞台にあらわれた日本の記録である。
——————————————————————
◎「ジャパン・クロニクル」(The Japan Chronicle)とは
イギリス人ロバート・ヤング(Robert Young)が 1891年に創刊した日刊紙「コーベ・クロニクル」(The Kobe Chronicle)を前身としている。1899 年には「ヒョーゴ・ニューズ」(Hiogo News)を買収し、そののち「ジャパン・クロニクル」と称するようになった。週刊版は、1897 年に「コーベ・クロニクル」の海外向けとして創刊され、1902 年より「ジャパン・クロニクル」と改題された。日刊版が8 ページ立てで、ロイターなどの外電、社説、為替や株式市況、商業ニュース、海軍ニュース、一般記事、等を掲載。週刊版は、20-30 ページ立てで、毎週木曜発行された。

 

媒体別特記事項

URL:http://primarysources.brillonline.com/browse/japan-chronicle
認証方式:IPアドレス認証
同時アクセス数:無制限
トライアル期間:機関トライアルのみ可能:1ヶ月間
プラットフォーム名:BrillOnline Primary Sources

タグ:, ,

シリーズ: