ブレーシャ市立クェリニャーナ図書館蔵インキュナブラ初版(editio princeps)
「ペトラルカ抒情詩集:カンツォニェーレ/凱旋」グリフォ縁絵本ファクシミリ版
Il Petrarca – Canzoniere e Trionfi.: Biblioteca Civica Queriniana, Brescia. Inc. G V 15. (Illuminated by Antonio Grifo on 1470 edition: Vindelino da Spira, Venice)

在庫:品切

限定499部

品切

発行年月:2017/1

出版社名:Salerno Editrice

出版国/出版地:Italy (イタリア) /Rome

言語:Italian (イタリア語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:27 x 18 cm. 156 ff.

内容

ペトラルカ詩歌集の初版が刊行されたのは、ヴェネツィアの印刷揺籃期の中でも初期の1470年でした。同じく俗語詩であるダンテの神曲は初めて1472年一気に3版出てから爆発的に版を重ねますが、ペトラルカも1470年から1478年まで12版を数える人気文学でした。この写本として伝わってきたペトラルカの詩文が初めて活字となって世に出版された初版に、およそ出版から20年後の十五世紀末に、一人の人文主義者により彩飾が描き加えられたコピーのファクシミリ版です。

 

この世にも珍しいコピーは、幾年か経てから、ヴェネツィアの文学者で、自身も詩人であるアントニオ・グリフォ(c.1430- 1510)の手に収まり、ペトラルカとダンテの愛読者であった彼は、詩にびっしりと注釈を書き込んだうえで、14世紀彩飾写本の伝統に沿った大きな装飾と、詩の文脈の絵画的な解釈を施しました。この面々と連なる挿画のほとんどは、1490年から1494年に描かれ、1495年に再度手が入れられ、「高きミネルヴァ”Alta Minerva”」に捧げられています。

 

最初から最後のページにいたるまで、初期ヴェネツィアのローマン体活字と、手彩飾文字が絡みあい、さらにゆったりと取られた余白に埋めつくされた淡緑の印象的な縁絵と混ざりあう、揺籃期古刊本と彩飾写本の伝統が交じり合った世界唯一のコピーを、そのアルダインリーフを幾何学的模様で囲んだ金箔押しの施された総革装まで忠実に再現し、499部限定で復刻出版されました。少部数のためお早目にお問い合せ下さい。

特記事項

その他書誌事項:156 ff. Bound in full leather, gilded and embossed on the spine and cover, colored edges. With a commentary volume. Dropped leaves retrieved by Biblioteca Trivulziana. Facsimile Edition. Limited to 499 copies.

タグ:, , ,

シリーズ: