Ethnomusicology: Global Field Recordings
世界の民族音楽アーカイブ

※価格はお問い合わせ下さい

総代理店取扱商品

トライアル期間:4週間

出版社名:Adam Matthew Digital

出版国/出版地:United Kingdom (イギリス) /

言語:English (英語)

媒体:オンライン

内容

UCLA民族音楽アーカイブとワシントン大学の豊富なコレクションより、民族音楽の音源を収録。西アフリカ、北アメリカ、東南アジアなど、60地域以上から数千件もの野外録音(フィールド・レコーディング)の音源やインタビュー、フィルム映像、ノート、スライド、通信などを収録し、世界中のコンテンツを提供する包括的なコレクションとなっている。本データベースは、民族音楽学の世界的な研究拠点であるUCLA民族音楽アーカイブの協力のもと製作された。収録されている録音資料からは、音源採取したコミュニティーの文化的、社会的生活、それぞれのコミュニティーの伝統について考察することができる。文化的なアイデンティティ、社会規範、宗教と儀式、ジェンダー、など様々な研究を可能にするコレクションといえる。

 

【およそ60名の民族音楽研究者のコレクションを収録】
・マントル・フッド(Mantle Hood): ジャワ音楽
・シャーロット・ヘス(Charlotte Heth): ネイティブ・アメリカンのチェロキー族の音楽
・ハロルド・クーランダー(Harold Courlander): 南アメリカ、カリブ海、東南アジア、アフリカ等各地の録音。
・アンキア・ペトロビッチ(Ankia Petrović): 東ヨーロッパのキリスト教からムスリム、ユダヤ音楽等、希少な宗教音楽
・シェリル・キーズ(Cheryl Keyes): ラップやヒップホップ
・ジャクリン・コグデル・ジェジェ(Jacqueline Cogdell DjeDje): アフリカ音楽、アフリカ系アメリカ時の音楽、ジャマイカ音楽
・ロベルト・ガルフィアス(Robert Garfias): 日本の雅楽をはじめとするアジア、南北アメリカ、アフリカ、ヨーロッパの音楽
・その他、3000もの音源を収録するWestern Kentucky Folklore コレクション、日本のアイヌや琉球などの民族音楽、中国の河南省や河北省の戯曲、お経の声明等、様々なジャンルを網羅

 

【資料の種類】
野外録音(Field Recordings)、ノートや日誌、記録、フィルム映像、インタビュー、スライド、写真、スタジオ録音、教育目的の録音、など

 

【収録資料の年代】1950-1980年

 

【原本所蔵機関】
• UCLA Ethnomusicology Archive (カリフォルニア大学ロサンゼルス校 民族音楽アーカイブ)
• University of Washington (ワシントン大学)

媒体別特記事項

認証方式:IPアドレス認証
同時アクセス数:無制限
トライアル期間:4週間

タグ:, ,

シリーズ: