大航海時代のルネサンス科学と文芸復興
ニカンドロス「テリアカ」ギリシャ語/ラテン語 エステべ注釈版 復刻版 総革装 函入
Nicander Colophonius; Pedro J. Esteve – Θηριακά/Theriaca.: Biblioteca Histórico-Médica de la Universidad de València. D/124(1) (Valencia: Frandrus, 1552)

価格:83,916円(税込)

在庫:お問い合わせ

内容

十六世紀スペインの医師で、南米原産のステビアから自然の甘味料を発明し、自らのラテン語名を冠した植物学者、人文主義者のペドロ・J・エステべ(c.1550-1556)が、古代医師のクラロスのニカンドロス(BC197-133)の六歩格のギリシャ詩で書かれた解毒薬法「テリアカ」に同等のラテン詩訳と注釈、またヴァレンシア独自の植物の学名と分類を加え、優れた分析的科学書の好例となりました。十六世紀スペイン刊のギリシャ語出版物の中でも最も申し分のない一冊に挙げられます。

特記事項

その他書誌事項:8vo (16 x 10 cm). 204 pp. in Greek and in Latin translated and analized by Dr. Pedro J. Esteve, bound in parchment on wooden boards. Presented in a cloth case quarter-bound in leather, gilded title on the spine with four raised bands. Facsimile Edition.