カール大帝夫人用の絢爛な小詩篇
「ダグルフ詩篇―カール大帝の金字詩篇」ファクシミリ版 シルク装 注釈巻付 函入
Der Dagulf-Psalter: The Golden Psalter of Charlemagne.: Österreichische Nationalbibliothek, Vienna. Codex Vindobonensis 1861. (Worms-Aachen, 783-795)

価格:315,684円(税込)

在庫:お問い合わせ

700部限定

発行年月:1980

言語:Latin (ラテン語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

内容

旧約聖書からの150の詩篇集で、そのレイアウトとデザインから、公の典礼用でなく、特定の個人用に作られたもの、そのサイズと豪華絢爛さから、ともするとカール大帝との間に9子をもうけた最愛の夫人ヒルデガルト(754-783)のために制作が始められたことが考えられます。彩飾ページの多様な色と金の間の和らかな調和は見る者を惹きつけ、即興的な要素や遊び心のあるキャラクターとともに各要素間の緊張がその魅力を高めます。宮廷派書記官ダグルフが、カール大帝への献呈詩に名を残しており、写本は783〜789年の間にヴォルムスやメッツで書き始められ、790〜795年の間に帝国の冬の宮殿であるアーヘンで完成しています。紛れもなく初期カロリング小文字体の好例の中でも美しい書体であり、現在我々の使うローマン体の起源が見られる写本の大部分はこのダグルフに帰されます。

特記事項

その他書誌事項:12mo (19 x 12 cm). 162 ff., 150 Psalms in Latin, 5 ornamental pages on purple, deep blue or steel-coloured background, bound in silk on bords. In a slipcase together with a commentary volume in German by K. Holter, Wels. Facsimile Edition. Limited to 700 copies.