サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼に集まる中世書誌の宝石箱
「(カリクストゥスの)聖ヤコブの書」サンティアゴ大聖堂写本 ファクシミリ版 総革装
Liber Sancti Jacobi: Codex Calixtinus de la Catedral de Santiago de Compostela.: Archivo de la Catedral de Santiago de Compostela. (Santiago de Compostela, 3rd qr., XIIth century)

在庫:お問い合わせ

845部限定

内容

1140年頃から編纂を始め1173年前に完成した、コンポステーラへの巡礼をテーマに、中世盛期の政治、社会、文化、信仰、音楽等の複合的なテキストで構成された全5書から成るアンソロジーです。明らかに既に死去しているはずの教皇カリクストゥスⅡ世(c.1065-1124)からの手紙と偽のサインから始まりますが、教皇に推挙される前にクリュニーの修道院長であったギー・ド・ヴィエンヌ(カリストゥスⅡ世)がブルゴーニュの人々に巡礼ブームを巻き起こし、コンポステーラの地位を大司教区にまで引き上げたのは、その尽力のおかげに他なりません。Ⅰ典礼用の祈祷テキストと楽譜、Ⅱ聖ヤコブの奇跡とⅢその殉教とパレスチナからの移葬、そして、核心のⅤエメリック・ピコーによる巡礼ガイドで終わりますが、Ⅳランスの大司教トルパン(8th century)の名を語る「カール大帝とローランの歴史(偽トルパン年代記)」が1620年に取り除かれ、本体自体も失われて1886年に再発見され、1964年修復の際、Ⅳも元の位置に収まります。2011年に盗まれましたが、翌年から大聖堂古文書館に戻っています。

特記事項

その他書誌事項:4to (29 x 21 cm). 225 ff. incl. 4 historiated initials with figures representing Pope Calixtus, Saint James, Bishop Turpin, and Santiago the Younger, 291 initials, neumatic music notation, text in Latin, bound in full-leather. No commentary volume. Facsimile Edition only. Limited to 845 copies.