バイエルン州立図書館=ブザンソン市立図書館蔵:独仏2館に別れて所蔵される200頁を構成再現
デューラー他縁絵「マクシミリアンⅠ世の祈祷書」羊皮紙刷(クアテルニョ社美術書誌シリーズ)
Das Gebetbuch Kaiser Maximilians I.: Bibliophilic Art Book Edition. (Bayerische Staatsbibliothek, Munich. 2 L.impr.membr. 64; Bibliothèque Municipale, Besancon. Étude 67633.

価格:35,564円(税込)

在庫:在庫あり

発行年月:2017/9

出版社名:Quaternio

出版国/出版地:Switzerland (スイス) /Lucerne

言語:German (ドイツ語)

媒体:書籍(復刻版)

装丁:32 x 22 cm. 2 vols., 246 pp.(Reproduction volume in Latin); 142 pp.
(Commentary volume by Heidrun Lange-Krach in German) Cloth. in slipcase.

内容

 神聖ローマ皇帝マクシミリアンⅠ世の祈祷書と呼ばれる、デューラー、アルトドルファー、クラナッハ、ブルクマイアー、バルドゥンク、ブロイ等のルネサンス期のドイツの著名な画家が余白に素描によるおびただしい縁絵を施した、羊皮紙の紙葉72葉をバイエルン州立図書館から、ブザンソン市立図書館から57葉を、組み合せ、初めて写本を、200ページ分原寸大で再現した書誌学的美術書です。後半の折丁がまだいくつか欠けており、解説巻には、折丁の図解と、一点毎の縁絵の分析と解説、用語集が収められ、本巻の余白には一頁毎の写本の所蔵と番号が付されています。

 

 アウグスブルクで1513年に僅か10部で、写本であるかの様に、赤いグリッド線を引いた羊皮紙の上に印刷され、1515年頃までの間にドイツ屈指の絵師によって、聖人から動物まで、聖俗素描の描きこまれた特殊なコピーは、誰のために作られたのか今も謎のままですが、時の皇帝マクシミリアンⅠ世もしくは、アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク枢機卿に捧げられたものと考えられています。

タグ:, ,

シリーズ: