大英図書館所蔵
ファクシミリ版「バルセロナのハガダー」
The Barcelona Haggadah

価格:784,030円(税別)

在庫:お問い合わせ

限定550 部

発行年月:1992

出版社名:Facsimile Editions

出版国/出版地:United Kingdom (イギリス) /London

言語:Hebrew (ヘブライ語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:255 x 190 mm

頁数:322 p. (161 fol.)

ISBN:0948223081

内容

大英図書館所蔵のヘブライ語写本の中でも、際立った輝きを持つ傑作!!

大英図書館の所蔵するヘブライ語写本の中でも屈指の美しさを誇る書のファクシミリ版。14世紀に製作され、バルセロナ軍の盾に似た絵が含まれているため、「バルセロナのハガダー」と呼ばれるようになった。原本で使われているヴェラムに限りなく近い紙、色彩、行間を整える目印の穴、金箔、金粉や銀粉など、細部にまでこだわり、原本の持つ品格をも再現している。
本写本が作られた時代、現スペインのアラゴンとカタルーニャにヨーロッパで最大級のユダヤ人共同体があった。バルセロナでは、イタリアとフランスの影響が強く、宮廷との繋がりが深い写本芸術が栄えていた。ユダヤ教の祈祷書の中でも、過越祭( ペサハ)のハガダーは特に美しく飾られている。色とりどりの絵がその祭日の行事を細かく説明しており、祭日に家族が集まる夕食セデル( Seder)において使用しやすい大きさに仕上げられている。最大の特徴は全体の約3分の1が装飾や絵で彩られていることであり、中世スペインのユダヤ人の暮らしが魅力的な絵や場面によって豊富に描かれている。当時バルセロナと周辺地域では音楽と芸術が栄え、そこに住むユダヤ人社会も大きく影響を受けた。1401年にキリスト教徒がユダヤ人に対してキリスト教への改宗を強制するまでは、ユダヤ人の音楽家は双方の調和を助けていた。その影響もあり、音楽については非常に細かく描かれており、28種類の楽器が登場している。食事の場面は当時のユダヤ人家庭を、ユダヤ教会( シナゴーグ)での場面は当時の礼拝風景や宗教的伝統を分かりやすく描写している。大きく見やすい字で書かれており、各ページ8行で構成。322ページの内、文章が書かれているのは180ページであり、残りのページには過越祭の他の日に使われる祈りや詩が収められている。
本写本は、1459年にエルサレムのShalom LatifからボローニャのRabbi Moses ben Abrahamに50 ダカットで売却され、スペインからのユダヤ人の強制追放の前に国外に運ばれ、その後さまざまな所有者を経て、1844年、大英博物館に購入され、現在に至っている。

特記事項

その他書誌事項:MS. ADD. 14761
Tanned calfskin Italian binding.
With Commentary volume.