イスラエル博物館所蔵
ファクシミリ版「ロスチャイルド写本」
The Rothschild Miscellany

価格:1,879,761円(税込)

在庫:お問い合わせ

限定550 部

発行年月:1989

出版社名:Facsimile Editions

出版国/出版地:United Kingdom (イギリス) /London

言語:Hebrew (ヘブライ語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:210 x 156 x 102 mm

頁数:948 p. (474 fol.)

ISBN:0948223030

内容

1479年にイタリア北部で製作され、現在イスラエル博物館所蔵の写本のファクシミリ版。816ページにわたる装飾と絵はユダヤ教の生活を細かく描いており、過越祭のハガダーを含む作品集である。
当時、イタリアのユダヤ人たちは社会のあらゆる階層と関係を持ち、多くの者はキリスト教徒の貴族として生きる道を選んだ。フィレンツェのメディチ家や、フェッラーラのエステ家はユダヤ人に寛容であり、キリスト教徒による高利貸しをキリスト教会が禁じたことは、ユダヤ人コミュニティーに大きな利益をもたらした。ルネサンスの時代とともに、裕福なユダヤ人は豊かな暮らしを楽しみ、文学と芸術を愛好するようになったが、それでもなお、彼らはユダヤの宗教的遺産から遠ざかることは無かった。ルネサンスはイタリアのユダヤ人文化にもかつてない活気を与え、多くの学者、芸術家、詩人、医師などを輩出した。
本写本はこの時期のヘブライ語写本の中でもっとも優雅な作品であり、ユダヤ人のあらゆる習慣が細部まで記録されている。人物描写や、細密画の縁を彩る装飾はフェッラーラ周辺で作られたと考えられ、イタリアのルネサンスの影響を映している。また、空想上の景色、遠近画法、人間や動物の描写は、15世紀の半ばごろにエステ家の宮廷に仕えていた芸術家のスタイルを反映しており、ラテン語で書かれた聖書写本の装飾を担当した芸術家たちとも関係があったようである。宗教的な・世俗的著作の双方が含まれており、たとえば『詩篇』、『箴言』、『ヨブ記』、祈祷書( 過越祭のハガダーを含む)、加えてユダヤ教の祭と、特別な場面での祈りの説明、哲学や道徳などを扱った論文などが収録されており、写本全体にわたって、多くのユダヤ人学者が書き加えた注釈が本文の外側に添えられている。
この作品集の特色は、優雅な装飾である。全948ページのうち、816ページに鮮やかな彩色装飾がされている。ヘブライ語の写本の中で、もっとも豊かな彩りを持っているといっても過言では無いであろう。
この写本は、1832年から1855年までトリエステのSolomon de Parenteコレクションのうちのひとつであった。その後、パリのロスチャイルド家に売られ、やがてフランスがドイツに占領されていた時期に盗まれてしまう。1950年にニューヨークで再発見されドイツの書籍商シュトライザント( Hugo Streisand)がユダヤ神学校に5,000ドルで売ったが、その学校の図書館長アレクサンダー・マルクス( Alexander Marx)は、購入した本がロスチャイルド家から盗まれたものだと気付き、一家に返還した。イスラエルのベザレル博物館の館長Mordechai Narkissはジェームズ・ド・ロートシルト( James de Rothschild)に対し、この写本がイスラエルにとっての国宝級の価値を持っていると説得し、1957年、エルサレムに贈呈されるに至った。

特記事項

その他書誌事項:MS. 180/51.
Bound in fine morocco goatskin.
With Commentary volume.