丸善雄松堂株式会社
学術情報ソリューション事業部
法律情報営業部

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-10
Tel: 03-3357-1435
Fax: 03-3357-2805

ご注文に際して

個人情報保護方針

特許プロセキューション実務における倫理的問題 2016-2017年版

Patent Ethics: Prosecution, 2016-2017 Edition

David Hricik, Mercedes Meyer

1 vol. Paperbound. 2016年3月刊

Matthew Bender (LexisNexis), USA. ISBN: 9781522100119

¥55,846

在庫あり

特許プロセキューションの過程で生じる依頼人と代理人の利益相反や倫理的問題に関するガイド。米国特許商標庁(USPTO)規則に、著者の経験を踏まえた実務戦略上の注釈を加えており、増加傾向にある利害問題への対処に必備の文献。

□鑑定の結果が依頼人に不利になる場合 □改正特許法(AIA)のベストモードによって生じる利益相反 □Therasense判決以後の誠実義務 □料金と費用 □機密保持義務 □プロセキューションにおける競合性 □不公正行為 □訴訟、鑑定書、プロセキューションの関係 □旧クライアントへの義務 など

【Table of Contents】

1. A Brief Overview of the Disciplinary Authorities at the United States Patent and Trademark Office

2. Registration and the Unauthorized Practice of Law

3. Choice of Law

4. Who Is the Patent Prosecution Client, and When Does a Patent Prosecution End?

5. Fees and Expenses

6. The Duty of Confidentiality

7. Competency in Patent Prosecution

8. Looking Forward: The America Invents Act

9. Inequitable Conduct

10. Adversity in Patent Practice: Litigation, Opinions, and Prosecution

11. Duties to Former Client Conflicts

12. Withdrawal and Termination

13. Consent and Prospective Consent

14. Combining Prosecution with Other Forms of Representations