丸善雄松堂株式会社
学術情報ソリューション事業部
法律情報営業部

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-10
Tel: 03-6367-6120
Fax: 03-6367-6215

※2018年5月7日より電話・Fax番号が変わりました。

ご注文に際して

個人情報保護方針

コーポレートサイト

性犯罪訴訟 第4版

Sexual Assault Trials, 4th Edition

Paul DerOhannesian II

2 vols. Hardbound. 2014.

Matthew Bender. ISBN: 9781630443238

¥43,362

在庫あり

性犯罪に対する社会の意識の変化、近年の科学的証拠に関する進展、レイプ被害者保護法などの被害者対策などを踏まえて、陪審制の下での性犯罪裁判の手続と論点を詳細に解説。
Brady法理の議論、パワーポイントなどを用いた展示証拠の許容性、伝聞証拠に関するCrawford判決、証言をしていない専門家の研究に基づく専門家証言等、性犯罪裁判における証拠法上のあらゆる論点を網羅するとともに、被害者の身体所見の解釈、心理学的側面、ネット上での児童ポルノ、幼児証人への面接における配慮といった問題点についても議論しています。

【主な内容】

・証拠開示と審理前手続 ・公正裁判、報道、評判 ・陪審員の選任 ・冒頭陳述・証人および被告に対する直接ないし反対尋問 ・同意 ・被告との同一性の確認 ・エイズと性犯罪 ・伝聞証拠 ・専門家証人 ・医学的証拠 ・DNAと科学的証拠 ・実物証拠と展示証拠の提示 ・最終弁論 ・陪審員説示

【Table of Contents】

1. Pretrial Issues, Discovery, and Motions

2. Fair Trial, Free Press, and Dealing with Publicity

3. Jury Selection

4. Opening Statement

5. Direct and Cross-Examination of Complaining Witness

6. Direct and Cross-Examination of Defendant

7. Consent

8. Identification and Identification Defense

9. AIDS and Sexual Assault

10. Hearsay

11. Expert Testimony

12. Medical Evidence and Testimony

13. DNA and Scientific Evidence

14. Painting the Picture: The Use of Real and Demonstrative Evidence

15. Summation

16. Jury Instructions

Appendices

Index