丸善雄松堂株式会社
学術情報ソリューション事業部
法律情報営業部

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-10
Tel: 03-3357-1435
Fax: 03-3357-2805

ご注文に際して

個人情報保護方針

コーポレートサイト

Gershman:検察による不正行為 第2版 2017-2018年版

Prosecutorial Misconduct, 2nd Edition, 2017-2018 Edition

Bennett L. Gershman

1 vol. 910 p. Paper., 2017年9月刊(年1回刊行)

Thomson Reuters (CBC), USA. ISBN: 9780314848826

¥133,768

在庫あり

豊富な判例を引用しながら検察の行為に関する指針を体系的に解説。著者のガーシュマン教授は検事としての実務経験を有し、特に検事による不正行為に関する研究の第一人者です。

【主な項目】

・捜査の不正行為・大陪審における不正行為・裁判手続の濫用・恣意的および扇動的な訴追・証拠排除・検察官とメディア・司法取引における不正行為・証拠呈示時の不正行為・訴追を誘因とする審理無効と二重危険の原則・量刑時の不正行為・不正行為に対する制裁等

【Table of Contents】

Chapter 1. Investigative Misconduct

Chapter 2. Misconduct in Grand Jury

Chapter 3. Abuse of Process

Chapter 4. Abuse of Charging Function

Chapter 5. Nondisclosure of Evidence

Chapter 6. Misuse of the Media

Chapter 7. Misconduct in Plea Bargaining Process

Chapter 8. Delay

Chapter 9. Jury Selection

Chapter 10. Misconduct in Presentation of Evidence

Chapter 11. Summation Misconduct

Chapter 12. Mistrials, Convictions, and Double Jeopardy

Chapter 13. Misconduct at Sentencing

Chapter 14. Sanctions