丸善雄松堂株式会社
学術情報ソリューション事業部
法律情報営業部

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-10
Tel: 03-3357-1435
Fax: 03-3357-2805

ご注文に際して

個人情報保護方針

コーポレートサイト

株主代表訴訟:法と実務 2017-2018年版

Shareholder Derivative Actions: Law and Practice, 2017-2018 Edition

Deborah A. DeMott

1 vol. 1262 p. Paper., 2017年

Thomson Reuters (CBC), USA. ISBN: 9780314869036

¥171,003

在庫あり

米国の株主代表訴訟に関連する複雑な問題点を解説する体系書として、連邦最高裁の法廷意見中にも引用される文献。株主代表訴訟に特有な手続上の問題点、連邦・州の制定法・判例法における見解の相違等について、近年の動向を交えて明らかにしています。

【主な内容】

1. 歴史的経緯と現状

2. 訴訟前の考慮事項;株主個人の名義と代表訴訟で異なる請求/親会社の株主が子会社を代表する提訴(Double/Triple Derivative Actions)/非営利組織やリミテッド・パートナーシップの代表/会社の内部関係と準拠する州法

3. 訴訟費用の担保に関する連邦・州法規定

4. 訴訟手続における考慮事項;連邦民事訴訟規則23-1/訴訟手続に関する各州の規定/事物管轄権/ 対人管轄権/既判力と争点効/略式判決/ディスカバリー/陪審審理、等

5. 当事者適格と訴訟委員会

6. 原告と代理人間の関係;原告・被告双方の訴訟費用/代表訴訟における倫理的争点/D&O保険/会社の補償能力

7. 訴訟の取下げ、和解、救済;裁判所内外での和解/損害賠償等の救済

【Table of Contents】

1. Introduction

2. Preliminary Considerations

3. Security for Expense Statutes

4. Procedural Considerations

5. Demand Requirements and Special Litigation Committees

6. Relationships with Counsel and Expenses of Litigation

7. Dismissal, Settlement and Remedies