丸善雄松堂株式会社
学術情報ソリューション事業部
法律情報営業部

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-10
Tel: 03-3357-1435
Fax: 03-3357-2805

ご注文に際して

個人情報保護方針

コーポレートサイト

刑事訴訟における憲法上の制約

Criminal Constitutional Law

David S. Rudstein, C. Peter Erlinder, David C. Thomas

3 vols. Looseleaf. 1990 to date.(追録年1回)

Matthew Bender. ISBN: 9780820510989

¥250,817

在庫あり

刑事事件の捜査・訴訟段階において発生する、憲法上の制約について解説。合衆国憲法修正第4条における「捜索と押収」に関する、最高裁判例をはじめとするリーディングケースの議論を詳細に分析する他、刑事基本権保障上の論点を網羅しています。

【主な項目】

不合理な捜査の禁止/強制的な自己負罪や証言に対する保護/過大な保釈金の禁止/法の適正な過程および法の平等な保護/弁護を受ける権利、裁判を受ける権利、上訴する権利、等

【Table of Contents】

1. Introduction to the Criminal Justice System

2. Search and Seizure

3. Search and Seizure: Exceptions to the Warrant Requirement

4. Connfessions and Other Incriminating Statements

5. Eyewitness Identification Procedures

6. Grand Jury Procedures

7. Pretrial Release

8. The Preliminary Hearing

9. Prosecutorial Decisionmaking

10. Disclosure and Discovery

11. Pretrial Motions

12. Pleas and Plea Bargaining

13. Right to Counsel

14. Trial by Jury

14A. Conduct of the Trial

14B. Civil Forfeiture

15. Appeals

Appendix

Table of cases

Index