12/12(水)「デジタル人文学への誘い」シンポジウムが開催されます。

2018年12月12日(水)にシンポジウム「デジタル人文学への誘い」が開催されます。
(主催:センゲージラーニング株式会社 GALE事業部)

 

「デジタル人文学」や統計データの分析の第一人者による講演、海外事例のご紹介にくわえ、歴史資料のテキストマイニングを可能にする新プラットフォーム「Gale Digital Scholar Lab」についても紹介されます。

 

・日 時 =2018年12月12日(水) 12:30-16:45
・場 所 =東京国際フォーラム ホールD
・基調講演=永崎研宣(一般財団法人 人文情報学研究所 主席研究員)
・講 演 =田畑智司(大阪大学大学院言語文化研究科 准教授)
・講 演 =前田幸男(東京大学大学院情報学環 教授)
・講 演 =Seth Cayley(Vice President, Gale Primary Sources)※同時通訳サービスあり
・パネルディスカッション(永崎研宣、田畑智司、前田幸男、Seth Cayley)

 

・申込み=参加ご希望の方には事前登録をお願いしております。
□受付期間 :12月10日まで
□お申込み・お問い合わせはこちらまで
・お預かりしました登録情報は、当社より主催者へお渡しします。
・折り返し主催者より登録完了の連絡がござまいす。

 

★ シンポジウムのご案内はこちら(PDF:1.13MB)
★ Gale Digital Scholar Labのご案内はこちら